本文へスキップ

八千代市社会福祉協議会とは地域福祉を推進する民間の団体です。

TEL. 047-483-3021

〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田312-5

事業内容

○会費について

「誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくり」の実現を進めるため当協議会では、「会員制度」を設けて皆様の福祉活動の参加をお願いしております。ご協力いただいた会費は、皆さまの生活に密着した福祉活動を進めるための大切な財源となっております。是非、趣旨に賛同していただき、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

 普通会費  特別会費  法人会費  団体会費  名誉会費
 300円  1,000円  5,000円  10,000円  30,000円

・会費の区分 社協会員には次の5つの種類があります。
 普通会費=一般世帯の皆様については、町会・自治会を通じてお願いしております。
 特別会費=民生委員・児童委員・・センターサークル・社協職員など
 法人会費=市内の会社・商店関係(赤い羽根など法人募金でご協力いただいている会社など)
 団体会費=各組織団体
 名誉会費=個人・団体で年額30,000円以上納めた方で、特に会長が認めた者

 ・会費の使われ方(PDF)

○後見支援センター

後見支援センターでは、障害をお持ちの方や高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせるように、成年後見制度や日常生活自立支援事業を実施しています。

○成年後見事業
(平成27年度より、八千代市から成年後見事業相談支援等業務として受託しています。)
・窓口等相談業務
 成年後見制度の概要、所要手続き、専門的な助言・指導等を行います。
 ※電話や窓口はもちろん、訪問でのご相談にも対応いたします。
・申立て手続き等の支援業務
 成年後見制度を利用したい方に、手続きの説明や申立書類の作成についてアドバイスを行います。
・広報・啓発活動
 成年後見制度の周知を図るため、講演会等を実施します。
 ※団体等での依頼もご相談ください。
・後見人(法人)の受任業務
 必要に応じて、後見人としての受任を行います。
 ※成年後見運営委員会にて、受任の可否を検討させていただきます。
 ※成年後見制度とは

○日常生活自立支援事業(福祉サービス利用援助事業)
在宅で日常生活を送る上で、十分な判断能力が伴わない方や、体の自由がきかない方が地域で安心して生活できるように支援する福祉サービスです。
・福祉サービス利用援助・・・情報提供と助言、利用手続きの援助・利用料の支払い・通知や支払い
              請求などの確認援助・苦情解決制度の利用援助など福祉サービスを安心
              してご利用できるようにお手伝いします。
・財産管理サービス・・・・・日常生活費のための預貯金の預入れや払戻し。医療費、家賃、公共料金など
              の支払いなど毎日の生活に欠かせないお金の出し入れをお手伝いします。
・財産保全サービス・・・・・年金証書・通帳・契約書類・実印などをお預かりします


成年後見制度や日常生活自立支援事業に関わるご相談は、お気軽に成年後見支援センターまでご連絡ください。


○生活困窮者自立支援事業

近年、経済的困窮、または社会的孤立の状態にある人が増えています。
生活に困窮している人には、健康・障害・仕事・家族関係など多様で複合的な課題が存在し、その背景には、複雑な課題を抱えた家族が存在していることにあります。
こうした生活困窮状態にある人々を支援していくため、平成27年4月に『生活困窮者自立支援法』が施行されました。
 厚生労働省「生活困窮者自立支援制度」HP


《生活困窮者自立支援事業》
八千代市社会福祉協議会では、八千代市から『自立相談事業』と『家計相談事業』を受託し、相談窓口を開設しております。
詳しい内容はこちらへ


○子どもの貧困に関する支援事業「ふらっとホーム」の運営

 ひとり親家庭の増加や経済的に問題を抱える家庭の増加が社会問題として取り上げられるようになりましたが、貧困家庭の抱える問題の一つとして子どもへの影響があげられます。
 家族を支えるため長時間労働や副業をせざるを得ないご家庭では、親御さんが帰宅するまでの長い時間を子どもだけで過ごしたり、子ども一人で夕飯を食べたり、あるいは絶対的貧困にある家庭では満足に食事をとることすらできない現状があります。
 ふらっとホームは、宿題をしたり、手作りのご飯を一緒に食べたり、ボランティアさんと一緒にゲームをしたり、家庭的な雰囲気の中で子どもが安心して過ごすことができる居場所として開設されました。

・開催場所 大和田921−2 ステップアップハウス フジ
・開催日時 毎月第1・第3木曜日 15時30分から19時30分
・利用対象 概ね6歳から15歳で孤立や孤食などの問題を抱え見守りや居場所などの支援が必要な子ども及びその保護者
      ※兄弟・姉妹が対象年齢外の場合は可。ただし、乳幼児については保護者の同伴が必要
・参加費  1回の利用につき 子ども100円・大人300円(応相談)
※事前登録制



○在宅福祉サービス事業

・食事サービス 70歳以上の虚弱な一人暮らし老人(月2回)及び高齢者世帯(月1回)
・紙おむつ配布 在宅寝たきり老人および在宅寝たきり身体障害者に対して紙おむつを配布しております。
        *配布については、調査が必要となります。
        ・65歳以上の在宅寝たきり老人
        ・40歳以上の在宅寝たきり身体障害者
         紙おむつ配布実施要領及び申請書類はこちら

・移送サービス

○貸し出し事業

・車いす(1ヶ月間)
・綿菓子機の貸し出し
    

     

○貸付事業

・所得の少ない世帯や身体障害者世帯の方々に対して低額利子で、更生・生活・教育・療養等の資金を貸し付けています。(連帯保証人が必要となります)
 ・総合支援資金(生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費)
 ・福祉資金
 ・教育支援資金
 ・不動産担保型生活資金
 この制度の詳細は、下記のリンク先をご覧ください。
 福祉資金の貸付(千葉県社会福祉協議会)
          

○ふれあい相談所 困った時は相談所へ!

心配ごと相談  専用電話 047−487−2940
・毎週火・木曜日午後1時から午後4時まで

 相談内容   相談所開所日及び開所時間  場所 
 心配ごと相談  毎週火・木曜日 13時から16時  福祉センター
1階 相談室 
 法律相談(要予約)
申込電話483−3021
 毎月第1・3水曜日 13時から16時  

     

    

○その他の事業

・学童保育事業
・福祉振興基金の造成・助成
・交通遺児見舞金の支給
・八千代市戦没者遺族会事務局
・八千代市福祉センターの運営管理(指定管理者)
         


バナースペース

社会福祉法人 八千代市社会福祉協議会

〒276-0046
千葉県八千代市大和田新田312-5

TEL 047-483-3021
FAX 047-483-3083