フードドライブご協力のお願い
ご家庭に眠っている食品大募集!
日本では、年間約2,000万トンの食品が廃棄され、その中にはまだ食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」が500〜800万トンもあるといわれています。
『フードバンクちば』ではフードドライブ(食品の回収)を開催します。
ご家庭で不要な食品があればぜひご寄贈ください。
いただいた食品は『フードバンクちば』が生活に困窮している方にお配りします。
八千代市社会福祉協議会では、福祉センター及びふれあいプラザを回収窓口として協力しておりますので、皆さまのご協力をお願いいたします。

実施期間
第15回フードドライブ 1月16日(月)〜2月28日(火)
平日9:00〜17:00  
 


主催:フードバンクちば http://foodbank-chiba.com(詳しい活動内容がご確認いただけます。)
共催:千葉県社会福祉協議会
 〜フードバンクとは〜
包装の破損や印字ミス、賞味期限に近付いた等の理由から、品質には問題がないにもかかわらず廃棄されてしまう食品・食材を、企業や個人等から引き取り、必要としている福祉施設・団体等や生活困窮者へ無償で提供する活動です。食品ロスを削減し、企業や個人の社会貢献を推進することで、食品確保が困難な方々の役に立つという新しい食のリサイクルの形でもあります。     
 寄付いただきたい食品     ☆ご注意いただきたい点
 □  穀類(お米、麺類、小麦等)    @賞味期限が明記され、かつ2ヶ月以上あるもの
 □  保存食品(缶詰、瓶詰等)    A常温で保存が可能なもの
 □  乾物(のり・豆など)    B未開封であるもの
 □  調味料各種、食用油    C破損で中身が出ていないもの
 □  インスタント食品・レトルト食品    Dお米は常識の範囲内で古くないもの  
 □  飲料(ジュース・コーヒー・お茶等)      古々米(25年度産)までのもの  
 □  ギフトパック(お歳暮・お中元等)