仮称「ふらっとホーム」開設に伴うボランティア募集について 
 

近年、子どもの貧困が社会問題として取り上げられるようになりましたが、貧困層の増加の原因として、ひとり親家庭の増加や、長期にわたる景気低迷を起因とした雇用情勢の悪化などがあげられます。

その結果、長時間労働をしなければならなかったり、より多くの収入を得るため副業をせざるを得ない状況に陥り、家庭内で親御さんが帰ってくるまでの長い時間を子どもだけで過ごしたり、ひとりで食事をしたり、あるいは絶対的貧困にある家庭では満足に食事もとれないという現状があります。

そのような状況の中、「何か自分たちでもできることを」との思いから、多くのNPO法人や個人の方が「こども食堂」を開設し、地域で子どもを支える取り組みを行っている中、社会福祉協議会としても、子どもたちが笑顔になれる居場所として「(仮称)ふらっとホーム」を開設いたします。(平成28年6月開設予定)

  子どもたちが自由に「ふらっと」立ち寄れて、安心して過ごせる居場所づくりにぜひご協力ください。
 
 

   
 仮称「ふらっとホーム」運営事業
(子どもの貧困に関する支援事業)
 

 主に経済的な問題を抱える子どもとその保護者を対象に、家庭的な団らんの場の提供や、宿題のお手伝い、手作りの食事の提供を行います。
 ※子どもの対象年齢は概ね6歳から15歳を想定しています。
 

   

 ステップアップハウス フジ(NPO法人ひびき会から会場提供の協力をいただきます。)
八千代市大和田921−2
 (徒歩・自転車もしくは公共交通機関のご利用をお願いします。)

   
 木曜日(月の開催数は未定※月2回以上) 午後3時30分から午後7時30分 

 ※できる範囲の時間帯とできる範囲の内容でのご協力をお願いします。

 ・子どもの見守り
 ・宿題のお手伝い(大学生のみなさんのご協力をお待ちしてます!)
 ・家庭料理提供のためのメニューづくり、買い出し、調理など
 ・その他、ふらっとホームの運営に関すること
 

      







 
 仮称「ふらっとホーム」実施要領(案) 【pdf】
 
 八千代市社会福祉協議会 電話 047−483−3021
 メール uchiki@fukushi.yachiyo.chiba.jp